北朝鮮が再びミサイル発射を繰り返し、アジア地域の緊張を高めている。AIによるニュースや決算情報の解析サービス「xenoBrain(ゼノブレイン)」で関連記事を分析したところ、北朝鮮のミサイル発射から推測される影響は、世界各国の「防衛予算増加」だった。多数の企業の増収につながる可能性があると指摘している。  ゼノブレインは、日本・韓国の近隣国だけでなく、米国や欧州など世界レベルでの・・・
米中貿易摩擦の再燃をきっかけに外国為替市場で急激な人民元安が進んだ。AIによるニュースや企業決算の解析サービス「xenoBrain(ゼノブレイン)」で分析したところ、「人民元相場下落
日本の農業は様々な問題を抱えている。その中でも特に深刻なのが、
全国的に梅雨が明け、これから夏商戦が本格化する。AIによるニュースや決算情報の解析サービス
AIによるニュース解析サービス「xenoBrain(ゼノブレイン)」を利用して今回の参議院選挙関連記事を分析し
今月13日トヨタ自動車がEV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)の開発・生産を担当する「トヨタ
ホルムズ海峡問題を巡り、世界的に緊張が高まっている。2019年6月17日には日本のタンカーが攻撃を受
5G(第5世代移動通信システム)への注目が世界的に高まっている。5Gは、現在実用化が進められている次世代の
レジ袋やストロー等のプラスチックごみによる海洋汚染の問題が契機となって、世界中で脱プラスチックの議論が進んでいる。2016年世界経済フォーラム年次総会の報告書によれば、毎年800万トンもの廃プラスチックが海に流出しており、恐ろしいことに2050年までに海洋中のプラスチックの量が魚の量を凌駕すると言われている。
2016年12月、統合型リゾート整備推進法案、通称「カジノ法案」が参院を通過し、成立した。 インバウンド需要の喚起や周辺事業者への経済効果、ギャンブル依存症対策など、幅広い観点から注目を集めるカジノ法案について、本記事では、今後の動向と予想される各企業への影響を考察する。 カジノ関連法案とは カジノ法案は、正式名称を 「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」 とし、2016年12月に制定されたた。 法案の冒頭、第1条は、以下のように始まる。 (目的)第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。 この記載からも明らかなように、カジノ法案は「統合リゾート(IR)の整備を通じた観光振興、及び財政改善」を目的とした法案で、 カジノを含む統合リゾートはその手段の一つとして位置づけられている。 では、統合リゾート(IR)とは、どのような施設をさすのか。 統合リゾート(IR)は、リゾートホテル、温浴施設、映画館、劇場、アミューズメント施設、レストラン、展示会場等が集まった、いわゆる複合型観光施設をさすとされる。 海外では、シンガポールのベイエリア、マカオ、ラスベガス等が有名で、特にシンガポールは統合リゾート(IR)が観光産業に大きく寄与した例として、日本の「特定複合観光施設区域整備推進本部事務局」の検討資料の中でも、日本が参考にする事例として取り上げられている。 (参考) 特定複合観光施設区域整備推進本部事務局   IR推進会議取りまとめ(概要) 〜「観光先進国」の実現に向けて〜 カジノが開業するまで

MOST READ