製造ライン画像
新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に与える打撃への懸念が強まってきた。感染者がヨーロッパや中東に広がったことをきっかけにニューヨークや東京などで株価が急落。日産自動車や
コロナウィルスの脅威イメージ
新型コロナウイルスの感染拡大が続き、中国に生産・販売拠点を構える日本企業の業績に対する影響も懸念され始めた。AI(人工知能)でニュースを解析し、経済への影響を予測するxenoBrainのシナリオを一部公開
新型コロナウイルスでマスクをし、感染対策をする女性
xenoBrainによる新型コロナウイルス影響分析、第2弾のレポートでは、多くのニュースを日々読み込んでいるAIの学習結果を反映させ、第1弾の分析をアップデートするとともに、深刻化する欧州やインドネシア、イランでの感染拡大に伴う分析などを追加した。
米国のトランプ大統領が中国への制裁関税「第4弾」発動を決め、両国の対立が激化している。「米中貿易摩擦拡大」の影響について、ニュース
日米間の農産物や工業品などの関税を撤廃・削減する貿易協定が国会で承認され、2020年1月に発効する見通しになった。日本への影響としては、米国産牛肉などの輸入価格低下や工業製品の米国向け輸出拡大が予想されている
空港の滑走路
成田空港に3本目の滑走路を建設し、年間発着枠を大幅に拡大する事業が動きだす。このプロジェクトにより業績に影響がある企業はどこか。AI(人工知能)の解析結果を一部公開
日本の農業は様々な問題を抱えている。その中でも特に深刻なのが、
英国が欧州連合(EU)から離脱する「ブレグジット」の期限である10月末が目前に迫った。事態はなお流動的だが、AIによるニュースと企業決算の解析サービス
米国とイランの対立による中東情勢の緊迫化が日本企業に与える影響はどの程度のものなのか。AI(人工知能)によるニュースと企業決算の解析サービス「xenoBrain(ゼノブレイン)」で分析した
東京オリンピックの旗
 新型コロナウイルスの世界的な大流行を受けて、東京オリンピックが2021年7月23日開幕に1年延期された。AI(人工知能)はどのように予測するのか。

MOST READ