新型コロナウイルスの感染拡大が企業業績に与える影響についての解析結果をまとめた2本のレポートを無料公開。これまでに公表したレポートをアップデートした「完全版」に加え、アフターコロナ時代の「ニューノーマル」(新たな日常)が産業界にもたらすプラス・マイナス両面の影響など注目すべきシナリオを紹介したレポートを新たに作成した。
米国では若者の間で電子たばこが急速に広がる一方、使用との関連が疑われる呼吸器疾患が多発。一部の州では、購入可能年齢引き上げなどの規制強化に乗り出した。
今年のノーベル化学賞はリチウムイオン電池を開発した吉野彰旭化成名誉フェローら3人に決まった。受賞決定を受け、東京株式市場では旭化成など関連する企業の株価が軒並み上昇するなど祝福ムードが広がった。
製造ライン画像
新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に与える打撃への懸念が強まってきた。感染者がヨーロッパや中東に広がったことをきっかけにニューヨークや東京などで株価が急落。日産自動車や
空港の滑走路
成田空港に3本目の滑走路を建設し、年間発着枠を大幅に拡大する事業が動きだす。このプロジェクトにより業績に影響がある企業はどこか。AI(人工知能)の解析結果を一部公開
AIによるニュースと企業決算の解析サービス「xenoBrain(ゼノブレイン)」は、日々のニュースから将来予測の起点となる経済事象を抽出して影響を分析する以外に、業界やトピック別に予め用意された重要テーマの解析結果を確認することが可能だ。
今月13日トヨタ自動車がEV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)の開発・生産を担当する「トヨタ
東京五輪・パラリンピック開幕まで1年を切った。「東京オリンピック開催」は、どのような経済効果をもたらすのか。AIによるニュースや決算情報の解析サービス「xenoBrain
空港で歩く男性
新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ観光需要回復のため政府が打ち出した「GoToキャンペーン」。AI(人工知能)による上場企業の業績影響予測は、1200社にプラスの影響となった
AIを活用して経済や企業の将来を展望するサービス「xenoBrain(ゼノブレイン)」は、膨大な記事データベースと上場企業の決算短信を組み合わせて、特定の経済事象から連想される要因と、その要因が売上高や利益の増減につながる可能性がある企業を

MOST READ