コロナウィルスの脅威イメージ
新型コロナウイルスの感染拡大が続き、中国に生産・販売拠点を構える日本企業の業績に対する影響も懸念され始めた。AI(人工知能)でニュースを解析し、経済への影響を予測するxenoBrainのシナリオを一部公開
レジ袋やストロー等のプラスチックごみによる海洋汚染の問題が契機となって、世界中で脱プラスチックの議論が進んでいる。2016年世界経済フォーラム年次総会の報告書によれば、毎年800万トンもの廃プラスチックが海に流出しており、恐ろしいことに2050年までに海洋中のプラスチックの量が魚の量を凌駕すると言われている。
コロナウィルスの対策をする人
新型コロナウイルスが世界経済に及ぼす影響が懸念されているが、AI(人工知能)はこの問題と日本企業の業績との関係をどのように予測するのか。解析結果を一部公開
5G(第5世代移動通信システム)への注目が世界的に高まっている。5Gは、現在実用化が進められている次世代の
今月13日トヨタ自動車がEV(電気自動車)やFCV(燃料電池車)の開発・生産を担当する「トヨタ
2016年12月、統合型リゾート整備推進法案、通称「カジノ法案」が参院を通過し、成立した。 インバウンド需要の喚起や周辺事業者への経済効果、ギャンブル依存症対策など、幅広い観点から注目を集めるカジノ法案について、本記事では、今後の動向と予想される各企業への影響を考察する。 カジノ関連法案とは カジノ法案は、正式名称を 「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」 とし、2016年12月に制定されたた。 法案の冒頭、第1条は、以下のように始まる。 (目的)第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。 この記載からも明らかなように、カジノ法案は「統合リゾート(IR)の整備を通じた観光振興、及び財政改善」を目的とした法案で、 カジノを含む統合リゾートはその手段の一つとして位置づけられている。 では、統合リゾート(IR)とは、どのような施設をさすのか。 統合リゾート(IR)は、リゾートホテル、温浴施設、映画館、劇場、アミューズメント施設、レストラン、展示会場等が集まった、いわゆる複合型観光施設をさすとされる。 海外では、シンガポールのベイエリア、マカオ、ラスベガス等が有名で、特にシンガポールは統合リゾート(IR)が観光産業に大きく寄与した例として、日本の「特定複合観光施設区域整備推進本部事務局」の検討資料の中でも、日本が参考にする事例として取り上げられている。 (参考) 特定複合観光施設区域整備推進本部事務局   IR推進会議取りまとめ(概要) 〜「観光先進国」の実現に向けて〜 カジノが開業するまで
ゼノブレインによる新型コロナウイルスの影響予測レポートを公開。マイナスの影響度が大きいと判定した業種は、サービス、不動産、建設、陸運、金属製品の順。プラスの影響度が大きかった業種は、医薬品、小売、繊維製品、化学、水産・農林が上位を占めた。
今年のノーベル化学賞はリチウムイオン電池を開発した吉野彰旭化成名誉フェローら3人に決まった。受賞決定を受け、東京株式市場では旭化成など関連する企業の株価が軒並み上昇するなど祝福ムードが広がった。
家でモバイルゲームをする人
新型コロナウイルスの感染拡大が人々のライフスタイルにも影響を及ぼし始めた。大規模イベントの中止が相次ぐ中、自宅で動画やゲームを楽しみ、食事は宅配サービスを利用するといった「巣ごもり消費」が増加している。AIの将来予測結果は。
製造ライン画像
新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に与える打撃への懸念が強まってきた。感染者がヨーロッパや中東に広がったことをきっかけにニューヨークや東京などで株価が急落。日産自動車や

MOST READ