米国では若者の間で電子たばこが急速に広がる一方、使用との関連が疑われる呼吸器疾患が多発。一部の州では、購入可能年齢引き上げなどの規制強化に乗り出した。
東京五輪イヤーが幕を開けた。五輪開催を機に日本人のスポーツや健康への意識が一段と高まることが予想される。
2019年の大きな話題のひとつが「働き方改革」だった。4月から残業時間に上限を設けることや年間5日の有給休暇取得を義務付ける制度が段階的にスタート。メディアは定時退社した会社員が居酒屋で一杯、といった場面を盛んに取り上げた。
日米間の農産物や工業品などの関税を撤廃・削減する貿易協定が国会で承認され、2020年1月に発効する見通しになった。日本への影響としては、米国産牛肉などの輸入価格低下や工業製品の米国向け輸出拡大が予想されている
国際機関や自治体、企業の間で地球環境の改善など持続可能な社会づくりのための事業資金を調達する「ESG債」を発行する動きが活発化している。国際通貨基金によると、世界全体での発行残高は今年8月時点で5900億ドル(約63兆円)と、2015年の7倍を超える水準に急拡大した。
次世代通信規格「5G」サービスが日本でも2020年春から本格的に始まる。総務省は高速・大容量通信が可能な5Gについて「新幹線や高速道路に匹敵する基幹インフラ」と位置づけ、普及を後押しする方針だ。AIによるニュースと企業決算の解析サービス
中国のネット通販最大手、阿里巴巴(アリババ)集団が11月11日に恒例の「独身の日」バーゲンセールを開催し、過去最高の2684億元(約4兆2000億円)を売り上げた。このセールには多数の日本企業も出品しており、AIによるニュースと
トヨタ自動車が発表した2019年9月中間連結決算は、純利益が1兆2749億円と4年ぶりに過去最高を更新した。米中貿易摩擦による世界経済の減速が懸念される中、今後の業績動向が注目される。AIによるニュースと企業決算の解析サービス「xenoBr
米グーグルが最先端のスーパーコンピューターでは約1万年かかる計算を、量子コンピューターを使って約3分20秒で解くことができたと発表した。このニュースが伝わるとビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)が急落、世界の投資家を驚かせた。AIによるニュースと企業決算の解析サービス「xenoBrain(ゼノブレイン)」は、
「ファイアー・アント」とも呼ばれ強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」。環境省はこのほど東京港青海埠頭のコンテナヤード内でヒアリの女王アリ50匹以上が確認されたと発表した。

MOST READ